space world

こだわりツアー専門店
ワクワクする旅をプロデュース

宮殿の上につくられた街!?世界遺産スプリットのおすすめ観光プラン

スプリットsplit

クロアチア第二の都市スプリットは、アドリア海沿岸最大の港町。沿岸部のためリゾート地としても人気がありますが、その歴史は古く、ローマ帝国の時代までさかのぼります。

スプリットの街自体の魅力はもちろんですが、近郊の街や島々にも観光スポットが多いのも魅力のひとつです。

また、クロアチアで人気の観光地「プリトヴィッツェ」と「ドブロヴニク」の間に位置するスプリットは、クロアチア周遊の経由地としても大変便利な立地です。

プリトヴィッツェとドブロヴニクの2か所は陸路での移動が難しい距離ですが、途中でスプリットに立ち寄ることで観光しがてら陸路で周遊することが可能になります。

当記事では、そんなスプリットの楽しみ方として、観光プランや近郊のみどころ、おすすめホテルをご紹介していきます!

スプリットってどんな街?歴史や基本情報を解説

スプリットsplit

独特の街並みの理由!珍しい起源をもつスプリットの歴史

スプリットの街の起源は、3世紀末~4世紀初頭のローマ皇帝ディオクレティアヌスの時代にさかのぼります。ディオクレティアヌス帝は、退位後の隠居用に宮殿を沿岸部に建て、晩年をその宮殿で過ごしました。

彼の死後は廃墟と化していった宮殿ですが、数百年の年月を経てそこへ移り住んだ異民族が、宮殿の基礎のみを残し、その上に建物を増築していったのです。

その後、長い月日の中で増改築が繰り返され、今の街の形となりました。

実際にスプリットの旧市街を見れば、なるほど!と納得。宮殿の基礎部分がはっきりとわかります。こんなユニークな街並みは、まさにここでしか見ることができません。

また、宮殿の地下部分は埋もれていたため非常に保存状態がよく、当時のままの姿を見ることができます。

スプリットってどこにあるの?行き方は?

スプリットは、クロアチアの南西部のダルマチア地方に属しています。ダルマチア地方はアドリア海沿岸に沿って細長い地形をしており、スプリットはその中ほどに位置しています。

「ドブロヴニク」も同じくダルマチア地方に属していますが、ドブロヴニクは最も南に位置しているため距離は200キロほど離れています。

スプリットへは、日本からの直行便はないため、ヨーロッパや中東の都市で乗り継ぎが必要です。乗り継ぎを含めて最短で15時間ほどかかります。

スプリットへの運航をしていない航空会社を利用する場合は、首都のザグレブで国内線に乗り継いで行くことができます。

 

ドブロヴニクスプリットのアクセス

ドブロヴニクは飛び地になっており、陸路で移動する場合はボスニア・ヘルツェゴビナとの国境を通過しなければなりません。つまり、パスポートのコントロールがありますので、その時間も含めてバスでだいたい4時間半程度です。

国境が大混雑しているとかなりの時間を要することがあります。

専用車の場合、途中で休憩時間をとるので所要時間としてはそこまで変わりはありませんが、弊社ではボスニア・ヘルツェゴビナの観光地「モスタル」へ立ち寄るというアレンジも可能です!

おすすめ観光プラン

スプリットsplit

スプリットの中心地は、半日あれば主要なスポットは見て回ることができるぐらい非常にコンパクト。1日滞在できる場合は、ゆったりと散策したり、カフェを楽しむこともできますよ。

今回は、半日の場合と1日の場合のモデルとなる観光プランをご紹介いたします!

【半日コース】市場旧市街の中庭「ペリスティル」鐘楼宮殿の地下洗礼室

①市場

スプリットsplit

宮殿に入る前に青空市場を覗いていきましょう。地元民でにぎわい、活気あるスプリットの街を実感できます。

色とりどりに並べられた野菜やフルーツ、お花など見ているだけで楽しいですよ。お土産用にハチミツを買うのもいいですね。

②宮殿の中庭「ペリスティル」

スプリットsplit

市場に面した入り口「銀の門」から宮殿に入りましょう。

門をくぐりしばらく進むと「ペリスティル」という中庭にぶつかります。宮殿らしさが色濃く残る、列柱に囲まれた広場になっており、まずここへ来ればスプリットのユニークな成り立ちをすぐに理解できるのではないでしょうか。

また旧市街の中心でもあるので、ここを拠点に観光すれば、細い路地の多い街中でも迷うこともありません。

③鐘楼

スプリットsplit

ペリスティルの東側に鐘楼への入り口があります。登るのが大変ではありますが、上からはスプリットの素晴らしい景色を見ることができます!

お隣には大聖堂もありますので、夏期に訪れた方はぜひそちらもご覧ください(※冬期は休業です)。

④宮殿の地下

スプリットsplit

ペリスティルの南側には、短い上り階段と下り階段があります。

階段を下ると地下に入れるのですが、その前に一旦上って、円形の広間である前庭(Vestibulヴェスティブル)に立ち寄ってみましょう。ここでは不定期で「クラッパ」という伝統の男声合唱を聴くことができますよ。

階段を下って地下に入っていくと、南の突き当りの出口「青銅の門」との間にはお土産屋さんが並ぶ通路が。一旦そのまま門を出てしまい、海沿いのプロムナードの昼間の様子を見ておくのもお勧めです。

出口付近に宮殿の地下の見学の入り口があります。ここでは、保存状態の良い宮殿の内部を見ることができますよ。

⑤洗礼室(ジュピター神殿)

スプリットsplit

地下を見学したら、再び通路を通ってペリスティルに戻ります。ペリスティルの西側から伸びる細い道を進むと、洗礼室にたどり着きます。

もともとディオクレティアヌス帝がジュピターを祭る神殿として建てたものが、のちに洗礼室として使用されるようになったとのこと。天井の細やかな装飾と、クロアチアの有名な彫刻家イヴァン・メシュトロヴィッチ作の洗礼者ヨハネ像が見どころです。

各スポットをじっくり見学するにはやや駆け足になりますが、半日の場合はこれで主要なみどころを押さえています。

丸一日滞在できる場合、午後はおいしいランチからスタートです!

【一日コース】半日コース+ランチ「Sperunマリヤンの丘旧市街散歩プロムナード「リヴァ」

⑤「Sperun」でランチ♪

スプリットsplit

洗礼室を見学した後は宮殿の西側「鉄の門」から出て、そのままナロドニ広場や魚市場、レプブリカ広場などを通りながら中心部からやや南西のはずれにあるレストラン「Spern」へ!

現地のスタッフもお勧めの、郷土料理が美味しいカジュアルなレストランです。おすすめはBrujet(ブロデット)という魚介の煮込みです。

住所:Šperun ul. 3, 21000, Split, Croatia
公式サイト

⑥マリエンの丘

スプリットsplit

お腹が満たされたところで、少し足を延ばして高台のほうへ登ってみましょう。

シュペルンを出たらそのまま左(西)方向にまっすぐ進んでいきます。途中からなだらかな階段になり、そのままどんどん上っていくと、所要約15分程度で丘の上の広場にたどり着くことができます。

ここはマリヤン森林公園の東の端にある広場で、鐘楼とは違った角度からスプリットの街を見渡すことができます。美しい海岸線を見ることができ、時間に余裕のある方には是非訪れて欲しいスポットです。

カフェもあるので、ここで一息つくのもいいですよ。

⑦まったりお散歩

スプリットsplit

さて、一通り見どころを回った後は中心部に戻り、ぶらぶらと心の赴くままに散策を。

お土産屋さんもたくさんありますし、スーパーに行って地元の人々の生活を覗いてみるのも楽しいですね。

⑧プロムナード「リヴァ」をぶらり

スプリットsplit

夕暮れ時には海沿いのプロムナード「リヴァ」を歩いてみましょう。

カフェのテラスでだんだんと暗くなっていく空を見ながら、早めの一杯・・・!日が落ちた夜景のリヴァもとっても素敵ですよ。

もし夜景を遠くから見たいという場合は、マリヤンの丘に行くのを日没時間に合わせて後ろ倒しにするとよいと思います。

ちょっと足を伸ばしてみよう!スプリット近郊のみどころ

スプリットsplit

スプリットに訪れたら、少し足を伸ばして訪れてみたい近郊の見所がたくさんあります。今回はその中から4つのスポットをご紹介いたします!

トロギール

トロギールtrogir

スプリットから約1時間弱とのころにあるトロギールは、ギリシャの植民都市が起源の、2千年以上の歴史を持つ古都。本土と橋でつながる島が旧市街で、世界遺産に登録されています。

いちばんのみどころである聖ロヴロ大聖堂は、13世紀から17世紀にわたって建てられたため、様々な建築様式が混ざり合っているのが特徴です。

シベニク

シベニクsibenik

スプリットから約2時間弱、トロギールからは約1時間弱のところにあり、スプリットからトロギールとセットでの日帰り観光が人気です。

街のシンボルである世界遺産の聖ヤコブ大聖堂は、レンガや木を使わずに建てられた石造建築の教会として世界最大。

100年以上の年月をかけて建設されるなかで、当初のゴシック様式からルネッサンス様式に変わったため、2つの様式が融合した形となっています。

フヴァル島

フヴァル島hvar

フヴァル島の東南端のフヴァル港は、スプリットから高速船で約1時間。

港の付近にはホテルや観光スポットが集中していますので、スプリットから気軽に訪れることが出来ます。

夏場はリゾート地として大変賑わっています。せっかくなので1泊してリゾートを味わうのもおすすめです。また、フヴァル島はラベンダーが名産品。シーズンの6~7月はタイミングが良ければ綺麗なラベンダー畑が見られるかもしれません。

青の洞窟(ヴィス島&ヴィシェヴォ島)

青の洞窟blue cave

青の洞窟と言えばイタリアのカプリ島・・・?いえ、実はクロアチアにもあるのです!

弊社では、最も洞窟に近いヴィス島西端の街コミジャからのアプローチをご案内しています。

スプリットからヴィス島までは高速船で約1時間半、フェリーで約2時間半。コミジャで1泊し、翌朝にビシェヴォ島の青の洞窟に挑みます。

例年だいたい4月後半~10月にツアーがあります。残念ながら天候によっては入れないこともありますが、6~8月は比較的入れる確率が高いと言われていますよ。

スプリットのおすすめホテル

スプリットsplit

街の観光に加え周辺のみどころが多いスプリットでは、宿泊をしてゆっくり滞在していきたいところですよね。そんなスプリットの滞在におすすめのホテルを3つご紹介いたします!

HOTEL PARK ★★★★★
ホテル パーク

ホテルパーク hotel park

旧市街に一番近い5つ星ホテル。旧市街まで徒歩15分ほどで、少し離れているぶん静かで落ち着いた滞在が可能です。ホテルにはプールやスパ施設があり、ビーチもすぐそばのためリゾート的な滞在にもおすすめ。

住所:Hatzeov perivoj 3, 21000 Split, Croatia
電話:+ 385 21 40 64 00
公式サイト

CORNARO HOTEL ★★★★
コルナロ ホテル

ホテルコルナロCORNARO

旧市街のすぐのところにあり、抜群の立地で快適な滞在ができる人気のホテル。種類豊富な朝食が人気で、屋上からの眺めも素敵です。

住所:Sinjska ul. 6, 21000, Split, Croatia
電話:+38521644200
公式サイト

HOTEL VESTIBUL PALACE ★★★★
ホテル ヴェスティブル パレス
ヴェスティブルパレスVestibul Palace

旧市街の中、宮殿の前庭に隣接したホテル。内装はモダンでシンプルですが、昔の壁が一部そのまま使われていて宮殿の歴史を感じられます。場所柄、夜も観光客でにぎわっていますが、観光中にすぐに戻れる場所にあるのは便利なポイントですね。

住所:Iza Vestibula 4 , 21000 Split , Croatia
電話:+385 21 329 329
公式サイト

まとめ 満喫するなら「個人ツアー」がおすすめ!

ここまで紹介したように、スプリットは街そのものの魅力はもちろん、近郊にも観光地が多く、クロアチア周遊の経由地としても便利な立地。

各都市を移動するのはバスでも可能ですが、専用車であれば大きな荷物をもって移動したりバスの時間を気にしたりせず、効率よく旅行することが可能です!

弊社では、専用車でプリトヴィッツェ、スプリット、ドブロヴニクなどの各都市を周遊するツアーが大変人気です。また、フヴァル島や青の洞窟へのツアーでは、事前に弊社がフェリーや高速船のチケットをお手配いたしますので、現地で買う必要が無く安心ですよ。

滞在日数のやホテルのアレンジも可能ですので、自由に堪能したい、でもチケットやホテルの手配などは全て任せたいと考えている方は、ぜひスペースワールドにお任せください。

最後にスプリット旅行によくある質問を一問一答形式で紹介します!ぜひご活用くださいね。

スプリット観光にまつわるQA

スプリットsplit

おすすめの旅行時期は?

スプリットは1年を通して観光が可能な街ですが、アドリア海沿岸の街ですので、やはり海が輝いて見える夏の6~9月頃が人気です。スプリットの街の観光メインで、なおかつ混雑を避けたい場合は、それ以外の時期のほうが良いでしょう。

スプリットからフヴァル島への観光を考えている方は、オフシーズンはお店などがクローズしてしまうため、必ず4月~10月の旅行をご検討ください。

一人旅は可能?

一名様用のツアーもご用意しております。費用を押さえてドブロヴニク~スプリットをバスで移動したい方向けに、バスのチケットも含まれたツアーもございます。空港~ホテル間の送迎もついておりますので、初めてのクロアチア&一人旅であっても安心!

なお、他のお客様との混載ツアーではございませんので、お客様のご希望の日程で催行できるのも魅力です。

スプリットで英語は通じる?

公用語はクロアチア語ですが、現地には英語が堪能な方が多く住んでいるので、英語が使えればコミュニケーションで困ることはあまりないでしょう。

スプリットを含むツアーは何日間必要?

スプリットだけを訪れる場合、最短だと5日必要です。フヴァル島などスプリット周辺の見所を訪れる場合は6日、ドブロヴニクとスプリットを組み合わせる場合7日は必要でしょう。プリトヴィッツェ、スプリット、ドブロヴニクを周遊する場合は8日間~となります。

記事一覧に戻る